国内のウォーターサーバーに硬水はない

日本のウォーターサーバーのメーカーは硬水を取り扱っていません。

硬水と軟水の基準は、水の中に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量です。
国によって違いますが、WHOはアメリカ硬度を採用しています。
水1L中にミネラルが60mg未満が軟水、60mg〜120未満が中程度の硬水、120mg〜180mg未満が硬水、180mg以上が超硬水です。

日本で得られる水の硬度は全国平均で50mg〜60mgなので軟水がほとんどです。
国内のごく一部の湧水からはミネラルウォーターもありますが、中程度の硬水止まりです。よって国内メーカーでは軟水を販売しています。


実際、日本人は軟水に慣れているので、硬水のウォーターサーバーを利用するとお腹を壊すことがあります。

教えて!gooのサイトが登場しました。

マグネシウムイオンは体内に吸収されにくいため、大腸に蓄積されて水分を溜め込み下痢を引き越します。

また水は硬度が高いとクセのある味になるため、日本の食生活にも合っていません。

クリクラミオのメンテナンス情報

ミネラルが豊富になれば料理の味が変わって米や味噌汁、煮物など伝統的な日本料理に違和感を覚える可能性が高いです。


ミネラルを摂取することは健康に良いですが、日本人は通常の食事だけで摂取するのが無難です。
日本もアメリカ硬度によって分類していますが、インターネット上でウォーターサーバーを紹介しているサイトでは、基準が曖昧なものが多いです。



中程度の硬水も軟水と表現することがあるため、実際に何mg含まれているか確認した方が良いです。