魅力満載のウォーターサーバー

category01

病院の待合室や美容室などの施設で、良くウォーターサーバーを見かけることがあります。

コックの部分を押すだけて、冷たい水やお湯が出てくるので、とても楽においしい水が利用できる、大変便利なものです。

そんな便利なウォーターサーバーを、自宅でも設置することが可能なのです。

あんなに大きなものを家に置くだなんて、邪魔でしょうがないとおっしゃる方もいると思いますが、実はメーカーによってさまざまな大きさ、形のものが存在します。
独り暮らしの部屋でも設置できるくらいのコンパクトなものまであるのです。
しかも、デザインの祭典で授賞をしたこともあるような、デザイン性の大変優れたものまでありますので、インテリアの一部として利用できるほどです。そんなウォーターサーバーを家に設置すれば、わざわざ重いペットボトルの水を、毎日のように買いにいかなくても済むようになります。



しかも大変リーズナブルで、ペットボトルのゴミもかさばることがなくなります。

NAVERまとめの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

コンパクトなサーバーでは、水の入ったボトルも小さめなものが多いので、お年寄りや力のない女性でも交換することが可能です。

赤ちゃんがいるご家庭では、ミルクを作るのにちょうど良い温度のお湯が利用できるサーバーもあるので、大変便利です。


このように、利用するシーンによってさまざまなウォーターサーバーの中から、自分にあったものが選択できます。

ウォーターサーバー大百科に関しての関心度が高まっています。

煩わしさをすべてなくして、より良い安全なお水とのつきあい方ができるのが、ウォーターサーバーの良いところです。

水の基本知識

category02

ウォーターサーバーは水の入った大型容器を専用のサーバーにセットし、必要な量だけレバーをひねって出すことができます。5℃から10℃程度の冷水と80℃から90℃程度の温水に対応したタイプが一般的で、沸かさず待ち時間なくお湯が出るので便利です。...

subpage

知りたい水事情

category02

もともと業務用として利用されていたウォーターサーバーですが、現在では家庭用として利用する家庭も増えています。冷蔵庫に入れていなくても冷たい水が飲め、お湯を沸かさなくてもお湯が使える、そんな利便性が人気の秘密です。...

subpage

納得の事実

category03

近年の日本では、飲み水にするための水は、お店から購入してきて飲むことが非常に多くなり、今では普通のこととなりました。昔は水道水をそのまま飲んだり、沸かして冷ましてから飲むことが多かったものです。...

subpage

身に付けたい知識

category04

日本のウォーターサーバーのメーカーは硬水を取り扱っていません。硬水と軟水の基準は、水の中に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量です。...

subpage